ライフって、そういうもんでしょ

変わりつづける世界で、子供のような柔らかい発想が必要だと考えさせられた。

ライフって、そういうもんでしょ

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読んだ。
著者はブレイディみかこさん。
この本を存在を知って、はじめてブレイディさんのことを知りました。

イギリス在住で、アイルランド人の夫と中学生の息子の3人家族。
この本を読む限り、がんばる母ちゃんっていう印象。
主役は、息子。
旦那さんは、たまに登場してきて、たま~にいいことを言う。

息子の中学校での出来事を母親が書く、中学生日記的なエッセイといった感じ。