何かに憧れるのはいいことだけど、憧れは憧れるだけにしとくのもいいことだ

憧れの世界に飛び込んで、憧れの世界の裏側知ってしまった時には手遅れだ。そうなる前に考える。

何かに憧れるのはいいことだけど、憧れは憧れるだけにしとくのもいいことだ

こんにちは。アキノです。

皆さんは何かに憧れを持っていますか?例えば、

芸能界に憧れていたり、

youtuberに憧れていたり、

仕事の先輩や上司だったり、

自分の趣味の高みにいる人に憧れたり。

おそらくほとんどの人が何かしら憧れていると思います。

「ああいう人になりたい。」「こういうことをしたい。」っていう憧れは誰もが持っているものだと思います。

こういう憧れを持つことはすごく大事で、憧れを持っているからこそ仕事にしろ趣味にしろ人は成長できるのだと思います。

憧れていたはずなのになんか違う…

ただ、いざ自分がその憧れの中の世界に入ってしまうと、「なんか思ってたのと違う!」っていう経験はしたことある人もいると思います。

芸能人になりたくて芸能界に入ったけど、全然イメージしていた世界と違う。表から見たら華やかな世界でも裏ではものすごい厳しい世界というのはよく聞く話です。

youtuberも同じだと思います。公開された動画だけを見て楽しんで自分もyoutuberになりたいと意気込んでみても実際は、公開するまでに企画を考えて撮影して編集して、という過程を考えていないときっと継続していくことは難しいと思います。

憧れの世界に飛び込む前に

憧れを持つということはすごく大事なことだけど、憧れは憧れだけでいい場合もあるよということ。

プロ野球選手になってすぐに嫌になって辞める人というのはおそらくいないのではと思います。汗水流して練習に打ち込んでもなれるのは一握りの世界で、夢見た舞台に立てるのはやりがいがあるからです。

でも今の時代は、アカウントさえ作ればyoutuberにだってなれちゃいます。なるだけなら簡単になれることがたくさんあるので、表面上のことしか考えずにやり始めてしまう人がすごく多いです。

挑戦してみないとわからないことはたくさんあるけど調べればわかることもたくさんあります。

行動することは大事だけど、考えることも大事。

憧れの世界を持っていることは大事だけど、憧れの世界の裏を知ると気持ちが冷めることもある。

その前にできることはやっておいたほうがいいかもねというお話です。