目標を達成するためにやるべき3つのこと

目標を決めたら、やることは3つ。紙に書いて、イメージして、口にする。

目標を達成するためにやるべき3つのこと

こんにちは、アキノです。

年始に今年の目標を決めた人も多いと思います。
が、目標に向かって行動できていますか?

ほとんどの人が2,3か月もすると目標を決めたことすら忘れてしまいます。

そうならないために、今日は決めた目標を達成するためのやり方を書きます。
目標を決めたら、やるべきことは3つ

  • 目標を紙に書く
  • 目標を絵にする
  • 目標を口にする

目標を紙に書く

書くという行為はとても大切なことです。

スマホに何でもかんでもメモできる時代に手で書く。
キーボードを使えば書くよりも断然早いのに。効率悪くねっ。
って、思うけど。目標に対する熱量が変わってきます。

ToDoリストや買物メモくらいなら、スマホにメモしたり便利なアプリが沢山あるのでそれらを利用したりするほうがいいとは思いますが、
今年一年の目標や人生の目標のように大きな目標は紙に書くべきです。

スマホや頭の中に記憶するだけでは結局なにも始まりません。

言語化して、文字を書く行為をすることで己の血となり肉となり、その目標に向かう勇気と気力がわいてくるのです。

目標を絵にする

目標を絵にする目的は、やる気を出すためです。

絵にするといっても実際に紙に書くわけではありません。
頭の中で目標を達成しているイメージを想像するということです。

人は頭でイメージしたものを再現しようとする生き物なのです。

目標を達成している自分や、欲しいものを手にした自分を頭の中で想像することで、実現しようやる気が湧いて体が動くようになります。

目標を口にする

「言霊」っていう言葉があるくらい言葉には魔力があるのだと思います。

耳から入った言葉は脳に入り、絶大な威力を発揮します。

目標には障害がつきものです。挫折しそうになることもあります。
そんな時は、たとえ自信がなくても「絶対できる。絶対できる。」とおまじないのように言い続けることが大事です。

根拠のない地震でも言葉にし続けることで脳が勝手に自信を持ち始める。

まとめ

目標達成に向けてやるべきことは

  • 目標を紙に書く
  • 目標を絵にする
  • 目標を口にする

の3つです。