感情をコントロールするには自分自身を変えていく

人はなぜ感情をコントロールできないのか。
他人ならばいざ知らず、自分ことであれ全くコントロールができずに、寝る前に「なぜあんなことを…」みたいな経験は誰もがあるのではないでしょうか。

感情をコントロールするには自分自身を変えていく

どうにもならない事は諦める

自分の感情をコントロールするには、余裕を持つ必要があると思う。
余裕というのは一種の諦めのようなものなのかもしれない。
「この事は自分ではどうにもならないことだ。」と割り切ってしまうことで余裕が生まれてくる。
この余裕が自分の感情をコントロールできるようになるんだと思う。

他人はコントロールできない

余裕が生まれてくると、「他人をコントロールしようとしている自分」に気づき始める。

自分の感情がコントロールできていない人は、思い通りにいかないと、すぐにイライラする。
で、他人に対して怒って怒鳴ったりしてしまう。

この時、どうして自分はいらいらしているのかを考えてみると、「相手をコントロールしよう。」と、してしまっているからです。
相手をコントロールすることなんて不可能であると、知る必要がある。

自分が変わる

知ったうえで、どうするか。

他人を変えようとするのではなく、自分自身を変えていけばいい。
自分の考え方や行動を変えていけば、相手に対する感情も変わっていくものだと思う。
考えや行動を変えれば「昨日の自分」よりも成長した「今日の自分」がいるはずだ。