こんにちは。アキノです。

毎年1月9日・10日・11日の三日間開催される柳原の10日えびすに行ってきました。
小中学生の時から親と一緒に来ていたけど、今年はコロナの影響もあって出店がなく例年よりも静かな雰囲気でした。

柳原の10日えびすは、兵庫県の柳原にある蛭子神社の行事です。

蛭子神社

「ひるこじんじゃ」と読みます。
蛭子神社の御祭神は、蛭子大神(ひるこのおおかみ)と大物主大神(おおものぬしのかみ)です。

蛭子大神

蛭子大神は、漁業や海上安全、商売繁盛のご利益があります。
また、あの有名なえびす様のことだという説があるみたいです。(えびす様にはいくつか元になった説があるそう)

大物主大神

大物主大神は「大黒様」と呼ばれている神です。
別名、大国主大神とも呼ばれているそうで、いくつも呼び名があるみたいな。
この辺のことは古事記とか読まないと正しくはわかりませんが。

柳原の10日えびす

毎年1月9日・10日・11日に開催されている行事。
「商売繁盛、笹もってこい」でおなじみですね。

9日を、「宵えびす」
10日を、「本えびす」
11日を、「残り福」
と、それぞれ呼ばれています。

「10日えびすが済まんことには、商売も身が入らん」といわれている通り、商売繁盛を祈願するお祭りなんですね。
ぼくも笹買いに行ってきましたよ。