干支の本当の意味

毎年年末年始になると干支の話が出てきますよね。でも干支って正しくは60年で1周するものって知ってましたか?

干支の本当の意味

こんにちは。アキノです。

毎年12月になると年賀状書き始めるときとかに来年の干支はなんだっけ。と、みんなでお話ししますよね。

その「干支」の使い方あっていますか?っていうお話を今日はします。

干支

干支っていうのは、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」ことです。
省略(?)して干支なのかな。

十干と十二支

干支と十干と十二支はそれぞれ別もの。

十二支

十二支というのは、私たちがよく使うそのまんまのことです。
「鼠・牛・虎・兎・竜・蛇・馬・羊・猿・鶏・犬・猪」

十干

十干というのは、なじみがないと思いますが、これは
「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・任・癸」
読み方は、
「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」です。

ひとまわりは、60年!?

正確には十干と十二支を組み合わせたものがその年の干支なんです。

十二支が「ねずみ年の次は、うし年」というように、
十干も「甲の次は、乙」と、順番に毎年変わっていきます。

なので、十干と十二支の組み合わせは全部で60通りあるんです。

今まで12年で1週だと思い込んでいたけど、それは十二支なんですね。
干支は十干と十二支を組み合わせて、60年で1週。

長すぎるっ!