口は禍の元っていいますよね

発せられた言葉を口の中に戻すことは出来ぬ それが神であっても

引用『最果てのパラディン 1巻

無意識に人を傷つける一言を発してしまう。そんな経験がある人は、多いのではないでしょうか。

発した言葉が相手の耳に届いてしまっては、なかったことにはできないですからね。

大切な相手ほど、距離が近い相手ほど、何気なく傷つけてしまうものだったりします。普段から言葉遣いには気を付けておいた方がよさそうですね。

金が金を生む魔法

カネを稼いで転がす能力は魔法と同じくらい大切なんじゃぞ!?

引用『最果てのパラディン 1巻

金を稼ぐ能力がなければ、生きていくのが難しそうな世の中になりましたね。

年を取ってから、金が無くて慌てふためくことになるかもしれません。そうならないためにも、若い時に「金が金を生む」ということを理解して、経験しておいた方が良い。

金が金を生む。資本主義社会が作った魔法と言っても過言ではない。

全人類、筋トレやれ

技ってのは使える状況を選んでしまう 武器術だっていつだって馴染みのモンを帯びてるとは限らねぇ だが筋肉は常に鍛えてりゃ体から離れねぇ

引用『最果てのパラディン 1巻

小手先の技術よりも、土台となる体力づくりの方が大切だということ。

学生だろうと、会社員だろうと、ブロガーだろうと、投資家だろうと、体力があるからやることやれる!

体力が無ければ技を繰り出すこともできなかったりします。筋トレ頑張ろう!

呼吸に意識を向ける

無心に入るというのは考えないことではない 真に無心になるということはひたすらここにある今に集中すること

引用『最果てのパラディン 1巻

無心になること、何も考えないことってものすごい難しい。ってか、できない・・・

瞑想という言葉は、多くの人が聞いたことがあると思います。有名企業でも取り入れていたりしますよね。

やったことがある人は分かると思うけど、座って目をつむっているだけで、頭の中に考え事が無限に降ってくる。

何も考えないなんて無理だし、その逆で永遠と考え続けてしまいます。だけど、考え事が下りてきたら、呼吸に集中するようにする、っていうのが瞑想なんだ。

「今」に集中するってそういうことなんじゃないかな。5分・・・10分・・・と瞑想してると、次から次へと考え事が出てくるけど、そのたびに呼吸に意識を向ける。

「吸ってー吐いて―」に意識を向けることが瞑想。